吉祥寺BLACK AND BLUE『カブ主総会』

 2003/7/18
Hawlin' Bar(大阪・塚本)

 11/18(SUN)
京都 磔磔

 09/05(FRI)
高円寺 JIROKICHI

 07/27(FRI)
高円寺 JIROKICHI

 08/03(THU)
大塚 WelcomeBack

 06/26(MON)
高円寺 JIROKICHI

 05/12(FRI)
馬場 GLASS ONION

 04/29(SAT)
京都 磔磔

皆さんからのライブレポートをお待ちしています。


   9月5日(金)高円寺 JIROKICHI
   Emotional Rescue
   夢野カブ(vo,g) 吉森信(pf) 辰巳光英(tp) 船戸博史(wb) 岡地曙裕(dr)
   Irish Heart beat
   矢野間健(vo) 森崎ベラ(vo) 吉森信(pf) 町田謙介(vo,g) 山本一(Sax)



「SIMPLE EMOTION III」と名付けられた夢野カブpresents のパーティーは三部構成で、 一部は矢野間さんたちのアイリッシュスタイルで、お店はアイルランドのパブにいるような雰囲気で盛り上がる。

パーティーマスターの夢野カブは二部にて、黒いTシャツにタオルハチマキで登場!
岡地さんのスネアもちっこくて、アコースティック仕様の今夜は、 MOONMEN ではなく、「エモーショナルレスキュー」と名乗っている。
いきなりのアカペラ「メルセデスベンツ」から始まる。
そして、カブさんがギターを手に取り、「ベッドの中で」へと続き、いきなりハイテンションに。

カブさんは、ギターを弾きながらも、いつものように腰をくねらせていた・・・。
そのあと、前半は、カヴァー曲が続く。
「カブはまだ38歳、旅はまだこれから♪」と歌う「センチメンタルジャーニー」 我家では「ヤキモチ男」と呼んで愛聴しているレノンの名曲、 カブさんのお気に入りがたくさん告白(?)されている「マイ フェイバリット シングス」 どの曲も新鮮なカブ流の詞がついていて、 インチキ臭くカッコいいのだ! カブさんがヤキモチを焼くと、こんがり HOT で、きっとカワイイことだろう・・・。

後半は、ライブでお馴染みのオリジナル曲が続き、ニューオリンズ気分が盛り上がってくる。
岡地さんのドラムセットも崩壊寸前だ。
あれ?
今日は、アイリッシュに対抗して、「タヒチアン」だったはず・・・
まぁ、私的には、「GO GO! TAHITI」がベストテイクだったとゆーことで許してあげよう。

町田さんのコーラスが楽しさを倍増させていた。お客さんも全員ステキな笑顔になっている。
そして誰よりもカブさん本人が「たのしすぎる〜〜〜!」という HAPPY な笑顔だ。
一人一人に話掛けるようなカブさんの歌は、『聴く』という一方通行な行為ではなく、 カブさんとおしゃべりしているような気分になる。
そして、そんな魔法にかかった私達は、さらに笑顔になってしまうのだ。
こんなにバカ楽しい合間にも、メンバー達のニクイ技がピリッと効いてSPICY でもある。
いつのまにか立ち上がって踊っている人もいる。
「東京ガンボショー」を座って聞くというのは、かなり辛かった。
最後は、これまたカブ節ともなっている「アンクルアル」でしめくくられた。

3部は全員が入り乱れての宴となった。
カブさんのリクエストに応えて、町田さんが OTIS の曲を歌う。
矢野間さん、べラさんのコーラスも圧巻だ。カブさんは客席で、グラスを片手にうれしそうに聴いていた。
カブさんも入って、「Have I told you lately」 アンコールでは「オールドムーンラブソング」 楽しくもちょっぴり甘酸っぱい夜が更けていった。

今夜は、終始座って(体のユレは止められなかったが)カブさんのライブを堪能した。 そして、どうして私がカブさんのライブが好きなのか気がついた。 カブさんの言葉の中には、私の気になる言葉たちが、たくさん詰まっていてニヤけてしまうのだ。
ニューオリンズ、タヒチ、オキナワ、DEEP SOUTH 、ブルース、インチキ、ヤキモチ、 明日のジョー、 ギャートルズ、ブラックジャック、 まさにごった煮、ガンボショー!とっても HAPPY だ。 カブさんは、ガンボスープだったのか?!

カブさんが子供みたいに笑って言った。

「明日なんかなくなっちゃえばいいのにねっ。なんていい夜だ。」

本当にステキな夜だった。 ずっと終わらなければいいのにね。 でも、朝がやってきても、みんなは知ってる。 カブさんが、また楽しい夜をプレゼントしてくれるコトを。 そして望んでいる。 いくつも、いくつも、カブさんとこんな夜を過ごせるコトを。 私も、当分は夢野カブの LIVE に通いつめることになるだろう。

第1部
1.ベンツがほしい(*思い付きのアカペラ Ex Janis )
2.ベットの中で
3.センチメンタル・ジャーニー(*)
4.ジェラスガイ(*)
5.マイ・フェイバリット・シングス(*)
6.夢のほとりで
7.アンタレス星人かく語りき(新曲)
8.赤い時計
9.GoGo!TAHITI
10.東京ガンボショー
11.アンクルアル
(*はカバー)

第3部(with Irish Heart beat)
Have I told you lately(*Ex VanMorrison)
オールドムーンラブソング
「SIMPLE EMOTION III」と名付けられた夢野カブpresents のパーティーは三部構成で、 一部は矢野間さんたちのアイリッシュスタイルで、お店はアイルランドのパブにいるような雰囲気で盛り上がる。

パーティーマスターの夢野カブは二部にて、黒いTシャツにタオルハチマキで登場!
岡地さんのスネアもちっこくて、アコースティック仕様の今夜は、 MOONMEN ではなく、「エモーショナルレスキュー」と名乗っている。
いきなりのアカペラ「メルセデスベンツ」から始まる。
そして、カブさんがギターを手に取り、「ベッドの中で」へと続き、いきなりハイテンションに。

カブさんは、ギターを弾きながらも、いつものように腰をくねらせていた・・・。
そのあと、前半は、カヴァー曲が続く。
「カブはまだ38歳、旅はまだこれから♪」と歌う「センチメンタルジャーニー」 我家では「ヤキモチ男」と呼んで愛聴しているレノンの名曲、 カブさんのお気に入りがたくさん告白(?)されている「マイ フェイバリット シングス」 どの曲も新鮮なカブ流の詞がついていて、 インチキ臭くカッコいいのだ! カブさんがヤキモチを焼くと、こんがり HOT で、きっとカワイイことだろう・・・。

後半は、ライブでお馴染みのオリジナル曲が続き、ニューオリンズ気分が盛り上がってくる。
岡地さんのドラムセットも崩壊寸前だ。
あれ?
今日は、アイリッシュに対抗して、「タヒチアン」だったはず・・・
まぁ、私的には、「GO GO! TAHITI」がベストテイクだったとゆーことで許してあげよう。

町田さんのコーラスが楽しさを倍増させていた。お客さんも全員ステキな笑顔になっている。
そして誰よりもカブさん本人が「たのしすぎる〜〜〜!」という HAPPY な笑顔だ。
一人一人に話掛けるようなカブさんの歌は、『聴く』という一方通行な行為ではなく、 カブさんとおしゃべりしているような気分になる。
そして、そんな魔法にかかった私達は、さらに笑顔になってしまうのだ。
こんなにバカ楽しい合間にも、メンバー達のニクイ技がピリッと効いてSPICY でもある。
いつのまにか立ち上がって踊っている人もいる。
「東京ガンボショー」を座って聞くというのは、かなり辛かった。
最後は、これまたカブ節ともなっている「アンクルアル」でしめくくられた。

3部は全員が入り乱れての宴となった。
カブさんのリクエストに応えて、町田さんが OTIS の曲を歌う。
矢野間さん、べラさんのコーラスも圧巻だ。カブさんは客席で、グラスを片手にうれしそうに聴いていた。
カブさんも入って、「Have I told you lately」 アンコールでは「オールドムーンラブソング」 楽しくもちょっぴり甘酸っぱい夜が更けていった。

今夜は、終始座って(体のユレは止められなかったが)カブさんのライブを堪能した。 そして、どうして私がカブさんのライブが好きなのか気がついた。 カブさんの言葉の中には、私の気になる言葉たちが、たくさん詰まっていてニヤけてしまうのだ。
ニューオリンズ、タヒチ、オキナワ、DEEP SOUTH 、ブルース、インチキ、ヤキモチ、 明日のジョー、 ギャートルズ、ブラックジャック、 まさにごった煮、ガンボショー!とっても HAPPY だ。 カブさんは、ガンボスープだったのか?!

カブさんが子供みたいに笑って言った。

「明日なんかなくなっちゃえばいいのにねっ。なんていい夜だ。」

本当にステキな夜だった。 ずっと終わらなければいいのにね。 でも、朝がやってきても、みんなは知ってる。 カブさんが、また楽しい夜をプレゼントしてくれるコトを。 そして望んでいる。 いくつも、いくつも、カブさんとこんな夜を過ごせるコトを。 私も、当分は夢野カブの LIVE に通いつめることになるだろう。

第1部
1.ベンツがほしい(*思い付きのアカペラ Ex Janis )
2.ベットの中で
3.センチメンタル・ジャーニー(*)
4.ジェラスガイ(*)
5.マイ・フェイバリット・シングス(*)
6.夢のほとりで
7.アンタレス星人かく語りき(新曲)
8.赤い時計
9.GoGo!TAHITI
10.東京ガンボショー
11.アンクルアル
(*はカバー)

第3部(with Irish Heart beat)
Have I told you lately(*Ex VanMorrison)
オールドムーンラブソング


今回のレポート:TAMAKIさん

次を読む >>

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果