吉祥寺BLACK AND BLUE『カブ主総会』

 2003/7/18
Hawlin' Bar(大阪・塚本)

 11/18(SUN)
京都 磔磔

 09/05(FRI)
高円寺 JIROKICHI

 07/27(FRI)
高円寺 JIROKICHI

 08/03(THU)
大塚 WelcomeBack

 06/26(MON)
高円寺 JIROKICHI

 05/12(FRI)
馬場 GLASS ONION

 04/29(SAT)
京都 磔磔

皆さんからのライブレポートをお待ちしています。


   Hawlin' Bar(大阪・塚本)
ジ・アムステルダム (夢野カブ (v., g)、神山庄太郎(lapsteal))
ポロン(harm)
BOSS斎藤(dr)、カッキン(b)



今日は「海の日」の3連休前の金曜日。そして、滋賀県警にお世話になることになったGWのツアー以来のジ・アムステルダム in Kansaiです。

会場は、ジ・アムステルダムのお二人も、そして私も初めてのここ、育ちゃんマネージメントによる塚本(大阪市ね)はHawlin' Barで〜いっ!スペースの半分がステー ジになっていて、ステージと客席に段差がないことから、その雰囲気はさながらホー ムパーティーです。

で、対バンはユミチャンズ。あたしは、到着が遅れて、ゆみちゃんの今日はしっとり と、そしてかっちょよく歌い上げるその数曲を聞き逃してしまいオーマイゴッド!ゆ みちゃんが、会う度に、雰囲気がほんわか柔らかくなっていってるように感じるのは 私の気のせい?

さて、次はいよいよお待ちかねのジ・アムステルダムの登場!KABU様に会えることに 妙に緊張しているのは何故?テルダム庄ちゃん、ポロンちゃんも元気そうで何よりで す。北海道ツアーでの興奮をそのまま大阪に運んで来てくれてます。アムス君とテル ダム君の呼吸は回を重ねる毎に、それはまるでさくらと一郎のようです。「二人はか れすすきぃ〜♪」ってな感じで、ふたりはすっかり「二人でひとつ」です、まじ。ア ムス君の呼吸を受け入れつつも、テルダム君は自分の空間を楽しんで音を乗っけてく る・・・そんな空気を楽しんでいたら...KABUちゃんの旧友のBOSSサイト−(ドラ ム)とカッキン(ベース)がおもむろに登場して、ミニチュア版THE CRAWFISHみたい になってきた〜!
歌に乗っけたメンバー紹介も、その歌にバッチリと溶け込んでいて、それだけでもう ゾクゾク!

決めのトコロでのドタバタズッコケ(失礼!)が何度かあって、気がつけばアタシの 緊張もどこへやら、たくさんの音が重なって、ジ・アムステルダム+ポロンちゃんの 時の夢野ファミリーならではのハーモニーとは違った、賑やかなドキドキの楽しさが ありました。

このライブで初めて聴いたTHE BANDの曲は、カッキンのベースの音もびんびん効いて てこの即席バンドのオリジナルみたいだぁ。すっごく楽しめました。それからBBSに もカキコミがあったように、アンコールで歌ったKABUパパに捧げる『六甲おろし』の ロックバージョン、これはもう文句なしにブラボーでした。

今回からジ・アムステルダムもアンケートを配り出したんですよね。東京から応援に 駆け付けたマチコさんのアンケ回答も大絶賛!・・・よかったね、アムス君、そして テルダム君!

Hawlin' Bar、なんかとっても寛げました。仕事の疲れも吹っ飛んじゃう程に。あり がとー!ぜひまたここで演ってね。あたしも、また遊びに行くぅ〜。


1. アムスのテーマ
2. テッペンカケタカ
3. バニラスカイ
4. 魔法のサイン
5. イマジネーションで
6. 君に恋する一年草
7. 種のゴキゲン
8. ポパイとオリーブ
9. SHAPES I'M IN
10. うたをうたおう
11. Moonshine Baby
12. お前のほんとで
<アンコール> 六甲おろし



今回のレポート:hanakkuman

次を読む >>

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果