4月を読む  2018年5月分  6月を読む

 05/31(Thu) 

《HOLD ON !》

 05/30(Wed) 

《A Sophism》

 05/29(Tue) 

《Not fading》

 05/28(Mon) 

《I don't know.》

 05/27(Sun) 

《Majestically》

 05/26(Sat) 

《Wind‐bell》

 05/25(Fri) 

《Perverse person》

 05/24(Thu) 

《Realistic dream》

 05/24(Thu) 

《Realistic dream》

 05/23(Wed) 

《Give me a genuine!》

 05/22(Tue) 

《Powerless》

 05/21(Mon) 

《Not enough》

 05/20(Sun) 

《Important note》

 05/19(Sat) 

《The Concord》

 05/18(Fri) 

《I can’t get me it ...》

 05/17(Thu) 

《Not daunted》

 05/16(Wed) 

《Smile spice》

 05/15(Tue) 

《Irrelevant blues》

 05/15(Tue) 

《Irrelevant blues》

 05/14(Mon) 

《Sneakily》

 05/13(Sun) 

《Stone bridge hard》

 05/12(Sat) 

《Aureole discharge》

 05/11(Fri) 

《Endearing tree》

 05/10(Thu) 

《Declare》

 05/09(Wed) 

《Property right》

 05/08(Tue) 

《Black and white》

 05/07(Mon) 

《Tension and relief》

 05/06(Sun) 

《North family》

 05/05(Sat) 

《Heautoscopy》

 05/04(Fri) 

《Spread it around!》

 05/03(Thu) 

《Perquisite》

 05/02(Wed) 

《Coexistence》

 05/01(Tue) 

《Silly question》


5/7/(Mon)   《Tension and relief》


曇りのち雨(石巻)19/16

フライヤーは愛である。

どの街に行っても思入れを持って制作してくれているそれを 手にとって有り難く思う。

いちいち必要以上の御礼は述べないが、感謝しているのだ。

当たり前のことではない。当日(1本のライブ)を迎えるにあ たっての気持ちがその一枚から伝わってくる。

その切欠をくれた石巻ラ・ストラーダのような気がしてい る。



相澤さんと朋子さんと知り合ってから何年たっただろうか?

今更、年数はもうどうでいい。『未完成』と『生業』を讃え てくれてる夢野カブの大切なスタッフだ。

敬意を持ってそう言いたい。

ひとりで立つラ・ストラーダのステージをまるで磔磔のよう に踏みしめていた。

それは金ピカの緊張と緩和。

『オレは今歌ってんだ』って刹那なり。

それをステージで感じ取れる貴重さを昨今は特に噛み締めら れる。

しかし、決して余裕がなせる業ではないのだ。



そしてそこには必ずそのせめぎ合いを音楽愛を満ち溢れさせ ながら面白が ってくれる仲間達がいる。

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果