12月を読む  2016年1月分  2月を読む

 01/28(Thu) 

《One More Cup Of Drink》

 01/16(Sat) 

《Dear Ziggy》

 01/16(Sat) 

《Dear Ziggy》

 01/08(Fri) 

《Le'ts Karma》


1/28/(Thu)   《One More Cup Of Drink》


気がつきゃ、また高速バスの中。

眠ってしまいたいのに、この孤独な自由時間を思うと眠れず にいたりする。

ショッピングモールのようなだだっ広いサービスエリア。

広けりゃ広いほど喫煙所は遠くに追いやられている。

何処でも吸えるようにしろなどとは言わないが人間が編み出 したひとつの嗜好品を身体に悪いとか人に迷惑をかけるとか だけでこれ程までに追いやらなくてもいいんじゃないか?

と、ひとりごちる。


今回のカブ主総会のツアー、6日間と言ってしまえばほんと短 い旅だったが、6連夜のバンドでの旅はやはりそれなりにキ ツかった。

なんだかんだでシャウターなもんだから 、でも辛うじて声は売り切れることなく。

そんな濃密濃厚、旅の中、日々に活性を得られたのはやっぱ り『笑い』だった。

その真ん中に片山広明。

片山さんはこの人間界で一番大好きな妖怪(?!)で、どう にもこうにもオレの人生における愛すべき逸材であるという こと。

みんなで氏の動向を72時間密着でカメラを回そうだの、映画 を撮ろう、漫画にしようなどと冗談をいい合ったのが、ほん とに映画監督を志す何某くんがいたなら、この逸材にスポッ トあて、カメラを回してもらいたいと切望するのだ。

だって人生なんて冗談から駒だろ?

真夜中の戯言を実現させることがなんと頼もしくも素晴らし いことなんだと常に思うからね。

8人乗りの車に7人、ひしめき合う車の中、高速を降りると 直ぐに氏はコンビニを目指して、氷結、プシュ。

そして6日間、上がり続けたテンションはその狭い車中でのマ シンガントークと化し、、、隣や後方にいる面子はまず眠れ ない(笑)

でもなんだろう、ついつい笑い合っちゃう、、、これがまた 最高潮にくだらない事ばっか。

『おい、カブ、なんか金儲けないかぁ?』

『だから、映画撮ろうって』

『まずは4コマ漫画から始めう』そんな具合。

ってことで今回の旅でオレと片山さんの間に生まれた合言葉

『奥さん、その前に一杯頂いていいですか?』

金田一耕助ばりに名探偵に扮した片山広明が事件を解決すべ く依頼人のもとを訪ね、その事件のあらましを聞くわけだ が、とりあえずその前に一杯、、、で終わるわけがな く、、、結局ベロベロになって何が何やらって結末。

その台詞がライブであろうが、アフターの打ち上げであろう が前説的に何にでも当てはまって、、、ふたりだけの奇妙な 笑いをオレと片山さんは繰り返し、打ち上げに残ったお客さ んには非常に気色の悪い時間を与え続けたに違いない。

そして、そのくだらなさは夜を日に継ぎ拍車をかけメンバー にも感染していくのだ。

とにかく笑った。

湊(雅史)のモノマネのうまさは絶妙でメンバー間ではかな り定評があり、素晴らしく笑えるのだが、それもその感染症 の下において更に面白さが自身の中で倍増し続けた。

全てを笑い飛ばすパワーを持ち合わせた不死身の怪人はその プレイはさることながら、正に冗談から駒なる言葉で歌い手 の胸をつく言葉も発するもので、、、

ステージ上でも氏はオフマイク(オフじゃないことも多い が)でオレだけに聞こえるようにくだらないことをよくつぶ やいているのは言うまでもないのだが、、、

最近書いた『友達は何処にいる』って曲が終わった時に、毎 回、片山さんは『ここにいるじゃねぇか』って言うんだ。

これが、またグッとくる刹那でねぇ。

妖怪はそれに付随したとこしえに傷つく事のない童心という 罪な術をもって、少なくともオレの胸をついてくるの だ、、、全く、もう。

ほんと、映画撮りたいなぁ、全米は泣かなくても、オレは笑 い泣きするかもん、かもん。

そう物語は、まず氏が、ホテルで目を覚ました朝を夕方と勘 違いして、午前5:30にチェックアウトしてしまう場面から始 まる。(ほんとなんだ!)

そんな片山広明の生誕祭が3/1 西荻窪 CLOP CLOPで。

現時点で決まってる出演者は、、、

石渡明廣(g)不破大輔(b)杉山章二丸(ds)辰巳小五郎 (tp)関根真理(per) 山川のりを(vo.g)華村灰太郎(vo.g)夢野カブ(vo.g)

なんたる面々、ナゲットわって、どーすんだい!!

[携帯用]:  前回を読む /  次回を読む

2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年

2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年

2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

©

ホーム夢日記ライブ情報プロフィール正夢日記ペーバーライブ今夜歌くらい

携帯用サイトはこちら

競馬結果